感情が行動を変える

c0044617_14481597.jpg

君の生涯のもっとも輝かしい日は、いわゆる勝利の日ではなく、絶望の中から、人生の挑戦の気持ちと、今に見ろ、やってやるぞという気持ちがわきあがるのを感じる日である。    フローベル(1821~1880)

この言葉が意味するのは、絶望の状況でさまよった結果、

「もういやだ」
「もうこれで十分」
「こんな状況から絶対抜け出してやる」

といった自分自身への嫌悪感と怒りに似た感情がこみ上げてきた、ということなのです。もちろんすぐにここまではたどり着けません。絶望に心が慣れ、免疫がついてきたところで、行動をおこす前向きの感情が生じてきた、ということです。人間は感情が変わることによってはじめて行動を起こします

成功している人は必ずと言っていいほど大失敗の経験があり、その失敗の恐怖感を感じなくなったときからうまくいった、という意味のことを言うものですが、失敗が感情を変え、感情が行動を生んだからだと考えられます。もちろんその間、大きな精神的葛藤を経験したに違いありません。

カウンセリングは言ってみれば、感情を変えるためのきっかけ作りです。たとえば話をしていくうちに、

「震災で家族を失った人に比べたら自分の状況は恵まれているな」
「こんな愚痴や泣き言ばかり言っていてはダメだな」

と本人が思ったとしたら、それは考え方が変わった結果、感情も変わったからです。カウンセラーが誠実に真剣に話を聴いてくれればくれるほど、そういう気持ちになりやすいものです。

コーチングはもっと積極的に質問によって思考の焦点を変え、感情を変えることを狙っています。たとえば、「できない」「無理だ」という否定的な信念は必ず悲観的な感情と結びついています。そのため、否定的な感情を相手から感じた場合、

「それができない理由は何ですか」
「無理だというのはほんとうに真実ですか」

といった質問は間違いなく相手にヒットします。本人は真摯にその質問に向き合います。相手の固定観念をつぶすには、信頼関係のある人物から質問をしてもらうのが一番なのです。その結果、相手が持っているできないという信念、およびそれに付随する悲観的な感情が、

「できるかもしれない」
「いやできそうだ」
「いやできるはずだ」

という自信と希望に満ちた楽観的な感情に更新されていくのです。その感情が行動を引き起こして、結果を出す、というわけです。
[PR]
by bfath602 | 2011-08-08 14:48


どうすればもっと出版の成功率を上げることができるのでしょうか。やり方はあります。それはコーチングを使うことです。


by bfath602

プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧