自分が十分豊かであることを知ろう

c0044617_10184018.jpg

豊富にして華麗、無限の供給に満ちているのがわが国日本です。周囲を取り囲む海洋は無限の資源の宝庫、内陸には緑があふれています。そうして食べ物は飽食の極み、大半捨てられているのです。

街中の図書館にはただで借りられる無限の蔵書がありますし、アマゾンでは昨今1円(送料はかかりますが)のCDで結構な音楽が聴けます。

豪華なホテルのロビーは何時間いようとタダですし、ウィンドーショッピングなら、1円もかかりません。自宅でTVをみれば、これでもかとばかりに紀行番組が放送され、居ながらにして、世界を旅できます。

しかし、家庭と職場を往復し、不況だ不況だと職場で吹き込まれていくうちに、どんどん心貧しくなっていきます。人間の作り出した経済社会は、人を貧しくするためにあるのではないか、と言いたくなるほどです。実は夢のような豊かさの中で生活しながら、貧困の恐怖感に追い詰められているのが一般大衆なのだといえるのです。

この世界は何のために存在しているのか研究する学問をメタフィジックス(形而上学)といいます。私たちはメタフィジカルな視点を回復すべきです。でないと、目先のラットレースに身をやつすだけだからです。

自分はすでに十分豊かだ、しかし、眼の前の課題にラットレースが精神鍛錬として与えられるのだ、というおおらかな考え方ができる必要があります。単にラットレースに参加しているだけでは、なんと心貧しいことでしょう。

お金が欲しい、これは誰しも(そして私も)考えることですが、まずその前に自分が十分豊かであることを知ること、これが豊かな人生を送る秘訣でしょう。お金は豊かな人生を送る手段に過ぎません。ラットレースに身をやつしていては、お金があっても人生を豊かにすることはできないわけです。

豊かさのイメージを持つことは習慣ですが、

「豊かさは自分の人生に当たり前のもの」

という感覚は、間違いなく自分の可能性を広げることでしょう。
[PR]
by bfath602 | 2011-09-22 10:48


どうすればもっと出版の成功率を上げることができるのでしょうか。やり方はあります。それはコーチングを使うことです。


by bfath602

プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧