ストレスコーピング理論

ラザルスの理論の特徴

リチャード・S・ラザルス(Richard S. Lazarus:1922-2002)

ラザルス(ラザラスと表記されることも)は、アメリカの心理学者。ストレス学の権威で、カリフォルニア大学バークレー校で教鞭を執る。

・ストレスをプロセスとして捕らえた点
・3つの構成部分からなる
①ストレス因子をストレスであると認知的に評価すること
②そのストレスに対処すること
③そのストレスを事後評価すること

問題中心型コーピング
 問題の原因を探し、実際に問題を解決するために行動する
 ・話し合って折り合いをつける
 ・現実に行ってみる
 ・助言を求める

情動中心型コーピング 問題から生じた情緒的反応を調整するために行動する
 ・くよくよ考えない
 ・回避
 ・遠ざかる
 ・注意をそらす
[PR]
by bfath602 | 2011-09-25 11:21


どうすればもっと出版の成功率を上げることができるのでしょうか。やり方はあります。それはコーチングを使うことです。


by bfath602

プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧