天を信じる楽天、その明るい気持

c0044617_9214913.jpg

『何ほど道を守り候とも、心陰気に相成り候はば出世相成り難く申し候、何卒春の気に
相成り候て、御執業なさるべく候。』

『・・・人は陽気ゆるむと、陰気よるなり、陰気かつ時は穢れなり、けがれは気枯れにて、
太陽の気をからすなり、そこから種々色々のこと出来するなり。
何事も有りがたい有りがたいにて、日をおくり成され候へば、残らずありがたいに相成り申すべきなり。』
 

黒住宗忠はいいことを言っています。暗い気持でいたのでは、いかに努力しようがダメだということ。逆に言うと、努力するよりは、まず明るい気持でいることのほうが優先する、ということです。

何事もありがたい、例えば家族の息災がありがたい、と思っておれば、明るい気持になれるわけです。暗い気持で開運しようと思ってもできない相談なのです。たとえその道筋が今はわからなくても、天を信じる楽天、その明るい気持こそ、自分を最高に生かす秘訣だと思います。
[PR]
# by bfath602 | 2011-05-29 09:18


どうすればもっと出版の成功率を上げることができるのでしょうか。やり方はあります。それはコーチングを使うことです。


by bfath602

プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧